December 23, 2019 / 9:53 AM / 7 months ago

東京マーケット・サマリー(23日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.37/39 1.1082/86 121.22/26

NY午後5時 109.44/45 1.1078/80 121.20/24

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円前半。前週末に公表された米個人消費が堅調だったことなどから、朝方に109円半ばまで強含んだが、その後は実需のドル売りや中国株安、米長期金利の低下に押され、じり安となった。

<株式市場>

日経平均 23821.11円 (4.48円高)

安値─高値   23810.82円─23923.09円

東証出来高 9億5578万株

東証売買代金 1兆4998億円

東京株式市場で日経平均は、4日ぶりに小反発。前週末の米国株式市場が高かったことを受けて、買い優勢で始まったものの、その後は模様眺めとなる中、利益確定売りに押された。一方で売り材料もないため、株価が大きく崩れる雰囲気も感じられない。前日比変わらず近辺で推移する時間帯が多かった。商いは細り、東証1部売買代金は1兆4998億7400万円と1兆5000億円を割り込んだ。

東証1部の騰落数は、値上がり586銘柄に対し、値下がりが1486銘柄、変わらずが86銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利 -0.059%

(速報ベース)

ユーロ円金先(20年3月限) 99.980 (+0.005)

安値─高値 99.975─99.985

3カ月物TB -0.110

安値─高値 -0.110--0.110

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.059%だった。「レポレートがやや上がっているが、まだコール市場に影響を与えるほどではない」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・20年3月限 151.77 (-0.02)

安値─高値 151.67─151.87

10年長期金利 0% (-0.005)

安値─高値 0.005─0%

国債先物中心限月3月限は前営業日比2銭安の151円77銭と続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)はゼロ%(同0.5bp低下)に回帰。方向感には欠けたものの、海外勢の買いが乏しく、終日上値が重い展開だった。

<スワップ市場> 18時20分現在の気配

2年物 0.07─-0.02

3年物 0.07─-0.02

4年物 0.08─-0.02

5年物 0.09─-0.01

7年物 0.12─0.02

10年物 0.18─0.08

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below