December 26, 2019 / 9:32 AM / 22 days ago

東京マーケット・サマリー(26日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.53/55 1.1088/92 121.48/52

東京午後5時 109.32/38 1.1084/89 121.22/26

午後5時のドル/円は、前日東京市場の午後5時時点に比べてドル高/円安の109円半ば。シンガポール勢がクリスマス休暇から復帰したこの日、ドルは株高を眺めながら 1週間ぶりの高値をつけた。ただ、投機筋による本格的なドル買いは110円にしっかり乗せてからとされ、上値追い機運は盛り上がらなかった。

<株式市場>

日経平均 23924.92円 (142.05円高)

安値─高値   23775.40円─23931.51円

東証出来高 8億2186万株

東証売買代金 1兆3571億円

東京株式市場で日経平均は反発。きょうは受け渡しベースで今年の最終売買日にあたり、朝方から買いが先行した。新年の株高を見越す形で先物にショートカバーが入ったとの観測や、12月期決算企業の配当再投資の期待を絡めた買いが出ているとの見方が聞かれた。

東証1部騰落数は、値上がり1657銘柄に対し、値下がりが412銘柄、変わらずが92銘柄だった。

<短期金融市場> 17時10分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.055%

ユーロ円金先(20年3月限) 99.985 (変わらず)

安値─高値 99.985─99.985

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.055%になった。「一部の地銀による資金調達の動きは見られたものの、全体への影響は乏しい」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・20年3月限 152.15 (+0.04)

安値─高値 151.99─152.24

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.020% (変わらず)

安値─高値 -0.010─-0.020%

国債先物中心限月3月限は前営業日比4銭高の152円15銭と続伸して取引を終えた。高寄り後、ポジション調整目的の売りが優勢となった。しかし、引けにかけてじりじりと下げ幅を縮小し、再びプラス圏に浮上した。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずのマイナス0.020%。

<スワップ市場> 16時43分現在の気配

2年物 0.06─-0.03

3年物 0.06─-0.03

4年物 0.06─-0.03

5年物 0.07─-0.02

7年物 0.10─0.00

10年物 0.17─0.07

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below