for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(4日)

(内容を更新しました)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 135.43/45 1.0429/33 141.26/30

NY午後5時 135.19/22 1.0428/30 140.99/03

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の135円前半。海外市場の流れを引き継ぐ形で序盤は円買いが先行したが、米国の休場を控えてアジア株は上下まちまちとなり、主要通貨も方向感に乏しい展開が続いた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 26153.81 +218.19 26086.78 25,945.83─26,258.86

TOPIX 1869.71 +24.67 1859.78 1,856.01─1,870.83

プライム指数 961.86 +12.70 957.03 954.85─962.35

スタンダード指数 962.78 +5.97 963.37 959.22─964.83

グロース指数 832.69 +9.37 831.39 825.97─840.26

東証出来高(万株) 109779 東証売買代金(億円) 24396.55

東京株式市場で日経平均は、前営業日比218円19銭高の2万6153円81銭と、反発して取引を終えた。前週末の米株高を好感し、朝方から堅調な展開となった。ただ、今晩は米国市場が独立記念日で休場のため、後場に入ってからは徐々に様子見姿勢が強まった。

プライム市場の騰落数は、値上がり1515銘柄(82%)に対し、値下がりが286銘柄(15%)、変わらずが37銘柄(2%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.022

ユーロ円金先(22年9月限) ───

3カ月物TB -0.142 (-0.002)

安値─高値 -0.142─-0.142

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.022%になった。前営業日(マイナス0.026%)を上回った。「大手行が調達意欲を強めている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年9月限 148.96 (+0.06)

安値─高値 148.94─149.26

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.220% (+0.005)

安値─高値 0.215─0.205%

国債先物中心限月9月限は前営業日比6銭高の148円96銭と続伸して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp上昇の0.220%。米金利低下に追随し、前場には2週間ぶりに0.205%まで低下する時間帯もあった。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.15─0.05

3年物 0.19─0.09

4年物 0.22─0.12

5年物 0.26─0.16

7年物 0.37─0.27

10年物 0.53─0.43

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up