November 22, 2018 / 9:19 AM / 24 days ago

東京マーケット・サマリー(22日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 113.00/02 1.1398/02 128.83/87

NY午後5時 113.05/06 1.1383/87 128.72/76

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の113円付近。日米の連休を控えて市場は様子見ムード一色で、主要通貨は狭いレンジ内でもみあいが続いた。

<株式市場>

日経平均 21646.55円 (139.01円高)

安値─高値   21484.98円─21684.64円

東証出来高 12億0162万株

東証売買代金 2兆0810億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。為替がドル高/円安に振れたことを手掛かりに朝方から買いが先行した。銀行株安や軟調な上海株が重しとなり一時はマイナス圏に沈んだが、下値は堅かった。後場は日銀によるETF(上場投信)買いの思惑や3連休を控えたショートカバーなどで堅調に推移した。きょうの米国市場が感謝祭のため休場となることから海外勢の動きは鈍く、売買代金は低水準だった。

東証1部騰落数は、値上がり1451銘柄に対し、値下がりが580銘柄、変わらずが81銘柄だった。

<短期金融市場> 17時12分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.071%

ユーロ円金先(18年12月限) 99.945 (-0.005)

安値─高値 99.945─99.950

3カ月物TB -0.315 (+0.004)

安値─高値 -0.315─-0.315

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.071%になった。3連休前にもかかわらず資金調達意欲は高まらず、マイナス0.040─マイナス0.086%程度と前日とほぼ同じ水準で取引された。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.2530%、平均落札利回りはマイナス0.2298%と、前回(最高:マイナス0.2847%、平均:マイナス0.2984%)に比べて小幅上昇した。

<円債市場> 

国債先物・18年12月限 151.06 (-0.02)

安値─高値 151.02─151.12

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.090% (変わらず)

安値─高値 0.095─0.090%

国債先物中心限月12月限は前日比2銭安の151円06銭と小反落して引けた。きょうの米国市場が感謝祭、あすの東京市場も勤労感謝の日でいずれも休場となるため、積極的に取引を手掛ける参加者が少なく、前日終値を挟んで小動きに終始。高値警戒感が浮上する中、日経平均株価がしっかりと推移したことから、午後にかけて上値の重い展開が続いた。

現物市場は長期・超長期ゾーンなどで利回りが上昇。流動性供給入札(対象:残存5年超15.5年以下)の結果が、高値警戒感から弱めとなったため、調整売りが出た。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.090%。

<スワップ市場> 15時55分現在の気配

2年物 0.08─-0.01

3年物 0.09─-0.00

4年物 0.11─0.01

5年物 0.14─0.04

7年物 0.20─0.10

10年物 0.32─0.22

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below