Reuters logo
東京マーケット・サマリー(22日)
2014年5月22日 / 09:42 / 4年後

東京マーケット・サマリー(22日)

[東京 22日 ロイター] - <外為市場>

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル高/円安の101円半ば。かんぽ生命保険が2015年3月期に日本株と外債の保有比率を拡大する方針であることが伝わり、株価が上げ幅を拡大したことを好感し、一時101円後半に上昇した。米国債利回りの上昇もドル/円相場を下支えした。

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は一時300円を超える大幅高となった。中国経済指標が上振れたことに加え、かんぽ生命が日本株と外貨建て債券の保有比率を拡大する方針が明らかになり、市場の追い風となった。

東証1部騰落数は、値上がり1619銘柄に対し、値下がりが140銘柄、変わらずが51銘柄だった。

<短期金融市場>

無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.067%と前日(0.089%)に比べて低下した。地銀、信託、証券などを主な取り手に、0.065%を中心に取引された。前日の強含みの理由となった試し取りの要因がはく落。当座預金残高が130兆円台の高水準が維持され、資金ニーズは限られた。

3カ月物国庫短期証券入札の結果は、最高落札利回りが0.0401%と前回と同水準となった。平均落札利回りは0.0389%と前回(0.0369%)に比べて小幅上昇した。ほぼ事前予想通りの結果となったが、平均落札利回りが前回から小幅上昇するなど、利回り低下に対する警戒感も示す内容だった。

<円債市場>

国債先物中心限月6月限は前日比8銭安の145円14銭と小幅続落して引けた。前日の米債安に加えて、円高・株安にいったん歯止めがかかったことから、短期筋の売りを誘った。流動性供給入札は順調に通過したが、かんぽ生命が日本株を買い増す方針と伝えられたことを手掛かりに日経平均が上げ幅を広げると、国債先物は下値を模索した。

現物市場は、株高を受けて長期・超長期ゾーンを中心に利益確定売りが出た。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比1bp高い0.600%に上昇した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below