September 25, 2019 / 10:14 AM / a month ago

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 107.27/29 1.0995/99 117.97/01

NY午後5時 107.05/08 1.1018/22 117.97/01

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の107円前半。ドルは午前の取引で107円付近まで下落したが、安値では海外勢を中心にドルの買い戻しが広がった。海外投機筋の間では、日銀の追加緩和に対する期待が根強く、ドルが下がりにくい状況になっているという。ただ、ドルの上値は米経済の減速懸念やトランプ大統領の弾劾裁判のリスクなどで抑えられている。

<株式市場>

日経平均 22020.15円 (78.69円安)

安値─高値   21906.00円─22036.48円

東証出来高 11億2789万株

東証売買代金 2兆1707億円

東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反落。前日の米国株主要3指数が下落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行した。ドル/円の円高基調を横目に下げ幅を一時200円近くまで拡大したが、為替の円高が一服したことを受け、下げ幅を縮小した。26日に実質上半期の最終売買日を控え、配当権利取りなどの期末事情も意識された。

東証1部騰落数は、値上がり963銘柄に対し、値下がりが1084銘柄、変わらずが104銘柄だった。

<短期金融市場> 17時10分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.058%

ユーロ円金先(19年12月限) 100.045 (+0.010)

安値─高値 100.030─100.045

3カ月物TB -0.141 (+0.007)

安値─高値 -0.141─-0.141

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.058%になった。「地銀を中心に資金調達の動きが引き続き見られた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・19年12月限 155.34 (+0.31)

安値─高値 155.08─155.48

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.260% (-0.015)

安値─高値 -0.245─-0.265%

国債先物中心限月12月限は前営業日比31銭高の155円34銭と続伸し、中心限月の終値ベースで過去最高値を更新して取引を終えた。前日の欧米債高の流れを引き継ぎ、朝方から強含みで推移。中期ゾーン主導で先物は一段と買われ、一時155円48銭まで上伸した。一方、40年債入札結果が弱めとなったことから、超長期ゾーンは軟調に推移した。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.5bp低下のマイナス0.260%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below