March 19, 2020 / 9:28 AM / 3 months ago

東京マーケット・サマリー(19日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 109.15/17 1.0846/50 118.39/43

NY午後5時 108.06/09 1.0913/17 117.97/01

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の109円前半。ドル需給がひっ迫しドル相場が上昇する一方で、資源国通貨や新興国通貨の下落が目立った。ユーロは欧州中央銀行(ECB)が発表した緊急債券買い入れプログラムを好感し小じっかりだった。

<株式市場>

日経平均 16552.83円 (173.72円安)

安値─高値   16358.19円─17160.97円

東証出来高 30億1769万株

東証売買代金 4兆6853億円

東京株式市場で日経平均は続落。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和を開始すると発表したことを好感し急反発して始まったが、その後は伸び悩み、マイナス圏に沈んだ。ソフトバンクグループ(9984.T)が大幅下落し、指数を押し下げた。一方、TOPIXは3日続伸。個別では底打ちを確認してしっかりとなる銘柄も多く、月末に向け配当や優待を狙った個人投資家の買いも観測された。東証1部の売買代金は4兆6853億円と今年2番目を記録した。

東証1部騰落数は、値上がり1141銘柄に対し、値下がりが1001銘柄、変わらずが24銘柄だった。

<短期金融市場> 17時35分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.051%

ユーロ円金先(20年9月限) 99.960 (変わらず)

安値─高値 99.960─99.975

3カ月物TB -0.280 (-0.010)

安値─高値 -0.275─-0.280

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.051%になった。「4日積みとなり、金融機関による資金調達の動きがやや強まった」(国内証券)。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・20年6月限 150.71 (-1.04)

安値─高値 150.61─151.89

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.090% (+0.040)

安値─高値 0.095─0.040%

国債先物中心限月6月限は前営業日比1円4銭安の150円71銭となり、大幅続落して引けた。ポジション整理や現金確保の動きを背景に売りが加速し、一時150円61銭と、限月ベースでは18年11月5日以来の水準まで下落した。ただ、日銀による臨時の国債買入オペを受けて、プラス圏に浮上する場面もあった。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時0.095%と、一時18年11月29日以来の水準まで上昇した。引け値は、前営業日比4bp上昇の0.090%。

<スワップ市場> 17時34分現在の気配

2年物 0.01─-0.08

3年物 0.02─-0.08

4年物 0.02─-0.07

5年物 0.04─-0.05

7年物 0.07─-0.02

10年物 0.13─0.03

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below