May 22, 2020 / 9:28 AM / 12 days ago

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 107.44/46 1.0902/06 117.15/19

NY午後5時 107.61/63 1.0949/52 117.81/85

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル安/円高の107円前半。臨時の日銀金融政策決定会合後に、材料出尽くし感からドルは107円半ばまで売られた。午後には、原油安を受けた資源国通貨の下落や、中国できょうから開催されている全国人民代表大会(全人代、国会)で2020年の国内総生産(GDP)目標の発表が見送られたこと、香港株の急落などのリスク要因が意識され、じり安の展開となった。

<株式市場>

日経平均 20388.16円 (164.15円安)

安値─高値   20334.99円─20615.12

東証出来高 12億2919万株

東証売買代金 1兆9334億円

東京株式市場で日経平均は続落した。寄り付きでは反発したものの、その後はアジア株が下落したことで総じて軟調な展開となった。日銀臨時政策決定会合の結果や中国全人代で国内総生産(GDP)目標が示されなかったことなどには反応薄だった。東証1部の売買代金は節目の2兆円を割り込み、薄商いだった。

東証1部騰落数は、値上がり631銘柄に対し、値下がりが1463銘柄、変わらずが77銘柄だった。

<短期金融市場> 17時46分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.059%

ユーロ円金先(20年12月限) 100.030 (変わらず)

安値─高値 100.020─100.035

3カ月物TB -0.134 (変わらず)

安値─高値 -0.134─-0.134

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.059%になった。前営業日(マイナス0.062%)をやや上回った。「週末要因でややレートが上昇した」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・20年6月限 152.44 (+0.08)

安値─高値 152.35─152.47

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.010% (-0.005)

安値─高値 -0.005─-0.010%

国債先物中心限月6月限は前営業日8銭高の152円44銭と続伸して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下のマイナス0.010%。香港を巡る米中対立懸念でリスクオフ地合いとなった。

<スワップ市場> 17時43分現在の気配

2年物 0.00─-0.09

3年物 -0.00─-0.10

4年物 -0.00─-0.10

5年物 -0.00─-0.10

7年物 0.01─-0.08

10年物 0.07─-0.02

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below