June 27, 2019 / 9:19 AM / 3 months ago

東京マーケット・サマリー(27日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 108.04/06 1.1366/70 122.81/85

NY午後5時 107.77/80 1.1368/71 122.52/56

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の108円前半。香港紙の報道をきっかけに米中首脳会談に対する楽観論が広がったことで、ドルは108円台に乗せ、1週間ぶり高値をつけた。日本や中国の株価上昇や米長期金利の持ち直しもドル買い安心感を誘った。

<株式市場>

日経平均 21338.17円 (251.58円高)

安値─高値   21123.97円─21338.17円

東証出来高 12億0436万株

東証売買代金 2兆0034億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。前日の米国株市場の流れを引き継ぎ、朝方から半導体・電子部品株に買いが先行した。その後、米中が暫定的な貿易戦争の停戦で合意したという香港紙の報道が伝わると上げ幅を拡大。為替が1ドル108円台まで円安に振れたことや、香港・上海などアジア株の上昇も追い風となった。後場にかけて200円超高となり、きょうの高値で引けた。

東証1部騰落数は、値上がり1711銘柄に対し、値下がりが375銘柄、変わらずが61銘柄だった。

<短期金融市場> 17時08分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.070%

ユーロ円金先(19年9月限) 99.985 (変わらず)

安値─高値 99.985─99.995

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.070%になった。金融機関による資金調達の動きは引き続き限定的だった。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.74 (-0.05)

安値─高値 153.67─153.80

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.145% (+0.005)

安値─高値 -0.140─-0.150%

国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭安の153円74銭で取引を終えた。米国債利回りが東京時間に2.06%台に持ち直す中、国債市場は現物、先物とも軟調気味に推移した。

<スワップ市場> 16時10分現在の気配

2年物 -0.04─-0.14

3年物 -0.06─-0.16

4年物 -0.06─-0.16

5年物 -0.05─-0.15

7年物 -0.00─-0.10

10年物 0.09─-0.01

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below