June 14, 2019 / 9:13 AM / 10 days ago

東京マーケット・サマリー(14日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 108.19/21 1.1282/86 122.07/11

NY午後5時 108.37/40 1.1275/79 122.20/24

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の108円前半。ホルムズ海峡に近いオマーン沖で石油タンカー2隻が攻撃を受けたニュースで金相場が 一段高となったが、原油もドルも小動きだった。市場の関心は来週の米連邦公開市場委員 会(FOMC)に向けられている。

<株式市場>

日経平均 21116.89円 (84.89円高)

安値─高値   20971.18円─21119.73円

東証出来高 10億6848万株

東証売買代金 2兆0018億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。オマーン沖での石油タンカー攻撃などで地政学リスクが意識されたが、ドル/円の落ち着いた動きが安心材料となった。朝方のメジャーSQ(特別清算指数)算出を無難に通過したことで、目先の需給懸念も後退。信用売り残の多い主力株などに買い戻しが入った。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて積極的な売買は手控えられ、後場は狭いレンジでもみあった。

東証1部騰落数は、値上がり1303銘柄に対し、値下がりが737銘柄、変わらずが102銘柄だった。

<短期金融市場> 17時13分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.061%

ユーロ円金先(19年9月限) 99.985 (+0.005)

安値─高値 99.980─99.990

3カ月物TB -0.148 (変わらず)

安値─高値 -0.145─-0.148

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.061%になった。積み最終日で週末だったが、金融機関の資金調達需要は弱まったもよう。ユーロ円3カ月金利先物は小幅高。 

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.56 (+0.12)

安値─高値 153.45─153.57

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.130% (-0.015)

安値─高値 -0.120─-0.135%

国債先物中心限月9月限は前営業日比12銭高の153円56銭となり、上昇して取引を終えた。中東情勢の緊迫化で債券が選好されやすい地合いとなる中、長期対象の日銀による国債買入オペがやや強めの結果だったことも支援材料となった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.5bp低下のマイナス0.130%。

<スワップ市場> 16時40分現在の気配

2年物 -0.03─-0.13

3年物 -0.05─-0.15

4年物 -0.05─-0.15

5年物 -0.04─-0.14

7年物 -0.00─-0.10

10年物 0.09─-0.00

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below