Reuters logo
東京マーケット・サマリー(30日)
November 30, 2017 / 10:07 AM / 14 days ago

東京マーケット・サマリー(30日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 112.28/30 1.1862/66 133.20/24

NY午後5時 111.92/94 1.1847/48 132.59/63

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の112円前半。仲値公示付近で売買が交錯したが、海外時間にドイツで連立協議、米国で上院本会議の税制改革法案審議などを控え、次第に動きが鈍くなった。

<株式市場>

日経平均 22724.96円 (127.76円高)

安値─高値   22502.68円─22748.32円

東証出来高 24億4557万株

東証売買代金 4兆5393億円

東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の米国市場でナスダック総合.IXICが大幅安となった流れを引き継ぎ、半導体・ハイテク関連株に売りが先行。寄り後まもなく節目の2万2500円付近まで下落したが、中国の11月製造業PMIが市場予想を上回ったことで、先物に買い戻しが入った。出遅れていた金融セクターや鉄鋼、不動産などが買われたほか、後場は半導体・ハイテク関連株もやや下げ渋り、指数の上昇に寄与した。終値は乱高下した11月9日以来の高値水準を回復した。

東証1部の騰落数は、値上がり1070銘柄に対し、値下がりが878銘柄、変わらずが89銘柄だった。

<短期金融市場> 17時54分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.055%

ユーロ円金先(17年12月限) 99.935 (変わらず)

安値─高値 99.935─99.935

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.055%になった。月末で資金調達意欲が後退した。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1712%、平均落札利回りはマイナス0.1995%と前回(最高:マイナス0.2456%、平均:マイナス0.2538%)に比べて上昇した。

<円債市場> 

国債先物・17年12月限 150.93 (-0.13)

安値─高値 150.85─151.01

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.030% (+0.005)

安値─高値 0.040─0.030%

国債先物中心限月12月限は前日比13銭安の150円93銭と反落して引けた。前日の米債安を手掛かりに売りが先行。一時150円85銭と11月17日以来の水準まで下落した。午後に入ると、警戒感があった2年債入札結果がやや強めの内容となったことから下げ渋る展開。現物市場で月末の年限長期化に伴う買いが観測されると、戻りを試す場面も見られた。

現物市場は中長期ゾーンが軟調に推移したが、年限長期化需要で超長期ゾーンが底堅く推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp高い0.035%に上昇した。

<スワップ市場> 18時20分現在の気配

2年物 0.09─-0.00

3年物 0.11─0.01

4年物 0.13─0.03

5年物 0.15─0.05

7年物 0.21─0.11

10年物 0.31─0.21

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below