for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 103.35/37 1.2195/99 126.06/10

NY午後5時 103.63/66 1.2161/65 126.04/08

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の103円前半。世界中で市場参加者が大幅に減少するクリスマスを控え、主要通貨の動意は乏しかった。

<株式市場>

日経平均 26524.79円 (88.40円高)

安値─高値   26414.74円─26585.21円

東証出来高 9億9101万株

東証売買代金 1兆8106億円

東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反発した。前日の日経平均は278円安と大幅に下落していたため、自律反発を狙った押し目買いが流入した。市場参加者が減少していることもあり方向感が定まらず、午前中はマイナス圏に転落する場面もあったが、後場ではプラス圏を維持。海外投資家がクリスマス休暇に入っているため全体的には見送りムードが強く、東証1部の売買代金は約2か月ぶりに2兆円を下回った。

東証1部の騰落数は、値上がり1158銘柄に対し、値下がりが942銘柄、変わらずが87銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.019%

ユーロ円金先(21年3月限) 100.055 (変わらず)

安値─高値 100.050─100.055

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.019%になった。前営業日(マイナス0.020%)をやや上回った。「地銀、大手行ともに資金調達意欲を強めており、レートは上昇している」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・21年3月限 152.14 (+0.01)

安値─高値 152.10─152.18

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.005% (変わらず)

安値─高値 0.005─0.005%

国債先物中心限月3月限は前営業日比1銭高の152円14銭と、わずかながら続伸して引けた。利付国債の入札やオペといった需給イベントがないなか、終日、小幅な値動きに終始した。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.005%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 -0.00─-0.10

3年物 -0.01─-0.11

4年物 -0.00─-0.10

5年物 0.00─-0.10

7年物 0.02─-0.07

10年物 0.08─-0.01

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up