for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 114.20/22 1.1569/73 132.14/18

NY午後5時 113.98/01 1.1610/14 132.36/40

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の114円前半。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けた米長期金利の上昇を背景にドル買い/円売りが優勢となった。ただ、クロス円での円安基調が一服し、ドル/円も伸び悩んだ。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29794.37 +273.47 29859.74 29,718.78─29,880.81

TOPIX 2055.56 +23.89 2049.41 2,043.92─2,055.56

東証出来高(万株) 148277.00 東証売買代金(億円) 36854.12

東京株式市場で日経平均は反発した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過し、米株高となったことを背景に買いが先行した。個別では、企業決算を材料視した物色がみられ、上方修正と自社株買いを発表したトヨタ自動車は反発した。

東証1部の騰落数は、値上がり1571銘柄に対し、値下がりが551銘柄、変わらずが61銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.033%

ユーロ円金先(22年3月限) 0.000 (変わらず)

安値─高値 0.000─0.000

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.033%になった。「前営業日に続き、取り手の調達ニーズに落ち着き感が出ている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は横ばい。

<円債市場> 

国債先物・21年12月限 151.60 (+0.04)

安値─高値 151.52─151.69

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.075% (-0.005)

安値─高値 0.080─0.070%

国債先物中心限月12月限は前営業日比4銭高の151円60銭と3営業日続伸して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比0.5bp低下の0.075%。

<スワップ市場> 17時26分現在の気配

2年物 0.06─-0.03

3年物 0.07─-0.02

4年物 0.08─-0.01

5年物 0.08─-0.01

7年物 0.11─0.01

10年物 0.17─0.07

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up