for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 133.90/92 1.0645/49 142.53/57

NY午後5時 133.48/49 1.0638/42 142.00/04

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の133円後半。実需の買いや日米金利差の拡大を背景に堅調に推移した。ただ、買い一巡後は伸び悩んだ。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 26340.50 -107.37 26309.34 26,199.67─26,354.27

TOPIX 1909.02 -1.13 1906.75 1,898.54─1,909.32

プライム指数 982.29 -0.58 981.80 977.04─982.44

スタンダード指数 987.54 -4.22 988.80 984.63─989.55

グロース指数 901.98 -12.12 908.55 897.58─909.49

東証出来高(万株) 104796 東証売買代金(億円) 23226.63

東京株式市場で日経平均は、前営業日比107円37銭安の2万6340円50銭と、反落して取引を終えた。前日の米株安が嫌気され、日本株市場は1日を通して軟調な展開となった。ナスダック総合が1%超安となったことを受けて値がさ株や半導体関連株が売られ、指数を押し下げた。ただ、新規材料が乏しい上に年末で取引参加者が少なく、売り一巡後はもみ合いが続いた。  プライム市場の騰落数は、値上がり826銘柄(44%)に対し、値下がりが911銘柄(49%)、変わらずが101銘柄(5%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.047

ユーロ円金先(23年3月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.047%になった。前営業日(マイナス0.053%)を上回った。「地銀に加え、大手銀行の調達が強まってきた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・23年3月限 145.66 (-0.06)

安値─高値 145.53─145.77

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.450% (-0.010)

安値─高値 0.450─0.445%

国債先物中心限月3月限は前営業日比6銭安の145円66銭と続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp低下の0.450%。臨時の日銀オペの対象とならなかった超長期金利が上昇した。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.37─0.27

3年物 0.49─0.39

4年物 0.57─0.47

5年物 0.64─0.54

7年物 0.78─0.68

10年物 0.94─0.84

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up