Reuters logo
東京マーケット・サマリー(4日)
2016年8月4日 / 09:16 / 1年後

東京マーケット・サマリー(4日)

<外為市場>

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の101円半ば。株がプラス圏に浮上したことで下値が支えられたほか、午後3時前に岩田日銀副総裁の発言が伝わると一時的にドル高方向に振れた。

-------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は3日ぶりの反発となった。序盤は買いが先行したものの、先物主導で売られ、午前中に節目の1万6000円を割れる場面があった。だが、後場に入りプラス転換。銀行株など金融セクターの上昇が好感されたほか、日銀によるETF(上場投信)買い観測も支援材料となった。

東証1部騰落数は、値上がり1159銘柄に対し、値下がりが717銘柄、変わらずが94銘柄だった。

-------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.038%になった。税揚げ要因がはく落したため、一部金融機関の資金調達意欲が後退した。ユーロ円3カ月金利先物は底堅い。新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1844%と前回(マイナス0.2745%)に比べてマイナス幅を縮小した。最高落札利回りは3カ月物として、約4カ月ぶりの水準。

-------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 

国債先物中心限月9月限は前日比20銭安の151円39銭と反落して引けた。朝方は買いが先行したが、上値が限られたことで調整売りに押された。9日の30年債入札を警戒した売りが現物超長期ゾーンに出たことを受けて、先物は一時151円20銭まで売り込まれた。午後に発表された10年物価連動債の入札結果が無難だったため下げ幅を縮小する場面もあったが、買い圧力は強まらず、そのままマイナス圏で取引を終了した。現物市場は超長期ゾーンを中心に軟調。30年債入札を控えた調整圧力や40年債の増発懸念などからイールドカーブがスティープ化。30年債利回りは一時同5bp高い0.405%、20年債利回りは一時同4bp高い0.300%といずれも3カ月半ぶりの水準に上昇。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同2bp高いマイナス0.070%に上昇後、マイナス0.08%付近まで水準を戻した。

-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below