October 22, 2018 / 9:41 AM / 24 days ago

東京マーケット・サマリー(22日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 112.74/76 1.1529/33 130.01/05

NY午後5時 112.54/56 1.1513/16 129.56/60

午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からドル高/円安の112円半ば。中国株が4%を超える急上昇となったことで、円が弱含んだ。

<株式市場>

日経平均 22614.82円 (82.74円高)

安値─高値   22271.59円─22672.25円

東証出来高 11億3506万株

東証売買代金 2兆1009億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。外部環境の不透明感を嫌気した売りが先行し、朝方は一時260円まで下げ幅を拡大した。だが中国市場で政府による景気支援や市場安定化への取り組みなど政策への期待が広がり、上海総合指数が4%を超す急伸となった。これを支えに日本株は持ち直し、後場にプラスに転じた。

東証1部の騰落数は、値上がり1216銘柄に対し、値下がりが792銘柄、変わらずが100銘柄だった。

<短期金融市場> 18時05分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.069%

ユーロ円金先(18年12月限) 99.925

安値─高値 99.925─99.925

3カ月物TB -0.286 (-0.004)

安値─高値 -0.286─-0.286

無担保コール翌日物の加重平均レートは、マイナス0.069%になった。中心レンジはややワイドになった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.134%、ユーロ円TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.050%といずれも横ばい。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<円債市場> 

国債先物・18年12月限 150.19 (-0.03)

安値─高値 150.18─150.24

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.150% (+0.005)

安値─高値 0.000─0.000%

長期国債先物は小反落で引けた。朝方に強含む場面があったが、下落していた日経平均株価がプラス圏に浮上すると、戻り売りに押された。

<スワップ市場> 18時14分現在の気配

2年物 0.10─0.00

3年物 0.13─0.03

4年物 0.16─0.06

5年物 0.19─0.09

7年物 0.27─0.17

10年物 0.40─0.30

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below