July 3, 2019 / 9:25 AM / 2 months ago

東京マーケット・サマリー(3日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円JPY= ユーロ/ドルEUR= ユーロ/円EURJPY=

午後5時現在 107.73/75 1.1275/79 121.48/52

NY午後5時 107.88/91 1.1283/87 121.74/78

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の107円後半。早朝に伝わったトランプ大統領による米連邦準備理事会(FRB)人事 関連の報道をきっかけに米長期金利が2年8カ月ぶりの1.95%割れとなったことや、日中株価の下落を受け、ドル安傾向となった。

<株式市場>

日経平均 21638.16円 (116.11円安)

安値─高値   21566.65円─21708.72円

東証出来高 10億0890万株

東証売買代金 1兆9222億円

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。円高進行が嫌気され、朝方から輸出株中心に利益確定売りが先行した。米中通商協議を巡るポジティブな話は前日までに織り込まれ、買い上がる手掛かり材料も不足した。ドルが107.50円台まで下落した場面では、為替に連動する先物売りが出て指数を押し下げた。円高に伴い国内企業業績への警戒感も強まり、直近買われた半導体関連や設備投資関連が下げた。

東証1部騰落数は、値上がり995銘柄に対し、値下がりが1067銘柄、変わらずが87銘柄だった。

<短期金融市場> 17時12分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.071%

ユーロ円金先(19年9月限) 100.000 (変わらず)

安値─高値 99.995─100.005

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.071%になった。

<円債市場> 

国債先物・19年9月限 153.94 (+0.25)

安値─高値 153.78─153.96

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.160% (-0.025)

安値─高値 -0.145─-0.155%

国債先物中心限月9月限は前営業日比25銭高の153円94銭と反発した。米10年債利回りがアジア市場の時間外取引で2年8カ月ぶり水準へ低下したことなどを受けて、円債市場も買いが活発化したという。

現物債市場も金利は全般に低下。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比2.5bp低下のマイナス0.160%になった。新発5年債も1.5bp低いマイナス0.255%、同20年債は2.5bp低い0.215%をつけた。

<スワップ市場> 16時40分現在の気配

2年物 -0.05─-0.15

3年物 -0.07─-0.17

4年物 -0.07─-0.17

5年物 -0.06─-0.16

7年物 -0.02─-0.12

10年物 0.06─-0.03

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below