for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 110.68/70 1.1909/13 131.83/87

NY午後5時 110.62/65 1.1924/28 131.90/94

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の110円後半。昨日の海外時間にドルは110.97円付近まで上昇したが、節目の111円台に届かず、「手じまい売りが優勢になった」(国内信託銀行)との見方が聞かれた。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル買いが一服し、上値の重い展開が続いた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 28812.61 -235.41 28927.44 28735.55─28951.68

TOPIX 1949.48 -16.19 1952.43 1942.72─1953.95

東証出来高(万株) 103464.00 東証売買代金(億円) 23398.80

東京株式市場で日経平均は続落した。新型コロナウイルス感染再拡大に対する警戒感が相場の重しとなり、景気敏感株を中心に売り優勢となった。日経平均の6月期末に絡んだ配当権利落ちは市場で約28円と試算されている。

東証1部の騰落数は、値上がりが420銘柄、値下がりが1689銘柄、変わらずが76銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.029%

ユーロ円金先(21年12月限) 100.075 (変わらず)

安値─高値 100.070─100.075

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.029%になった。前営業日(マイナス0.030%)からほぼ横ばい。参加者の顔ぶれも地合いも前日から変わらない」(国内金融機関)。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。

<円債市場> 

国債先物・21年9月限 151.69 (+0.04)

安値─高値 151.68─151.75

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.055% (変わらず)

安値─高値 0.055─0.050%

国債先物中心限月9月限は前営業日比4銭高の151円69銭となり、小反発して引けた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.055%。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.02─-0.07

3年物 0.02─-0.07

4年物 0.03─-0.06

5年物 0.04─-0.05

7年物 0.07─-0.02

10年物 0.13─0.03

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up