Reuters logo
前場の日経平均は3日ぶり反発、金融株や輸出株が堅調
2015年6月4日 / 03:29 / 2年後

前場の日経平均は3日ぶり反発、金融株や輸出株が堅調

[東京 4日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は前営業日比72円03銭高の2万0545円54銭と3日ぶりに反発した。前日の欧米株高を背景に朝方から買いが先行。国内長期金利の上昇を手掛かりに保険など金融株が買われたほか、対ユーロでの円安進行を受けて精密機器や機械、自動車など輸出株が堅調に推移した。一方で「あすの米雇用統計を控え上値は買いにくい」(大手証券)といい、朝方の買い一巡後は2万0500円台を固める動きとなった。

みずほ証券・投資情報部長の倉持靖彦氏は「海外債券市場が需給要因で崩れると株式市場への益出しの売りが警戒されるが、世界的な金利上昇は景気回復の裏返しでもあり、ある程度ガス抜きが進んだことを考慮すると、株式市場へのネガティブな反応は限られるのではないか。特に日本株にとっては景気回復に円安も加わり、物色は好循環となっている」との見方を示した。

前引けの東証1部の騰落数は、値上がり1160銘柄に対し、値下がりが591銘柄、変わらずが134銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below