Reuters logo
前場の日経平均は3日ぶり反落、ドル安/円高が重荷に
February 17, 2016 / 2:54 AM / 2 years ago

前場の日経平均は3日ぶり反落、ドル安/円高が重荷に

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比26円17銭安の1万6028円26銭となり、3日ぶりに反落した。寄り付き後は買い戻しが入り、上げ幅は一時160円となったが、戻り売りに押された。

 2月17日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比26円17銭安の1万6028円26銭となり、3日ぶりに反落した。写真は都内で昨年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

人民元の対ドル基準値が元安方向に設定されたことを受け、ドル/円JPY=EBSが113円台後半まで弱含むと日経平均も下げに転じた。

    前引け時点でトヨタ(7203.T)、富士重工業(7270.T)が2%超安となるなど、自動車の一角がさえない。メガバンクもマイナス圏となっている。一方、15日に大規模な自社株買いを発表したソフトバンクグループ(9984.T)が連日の大幅高となり、1銘柄で日経平均を約63円押し上げる要因となった。

    日経平均は1万5900円台前半まで下落した後は、下げ渋る動きも見せ、前場後半は1万6000円を挟み一進一退を続けた。「日経平均の予想PER(株価収益率)が13倍に差し掛かれば、過去をみても下げ止まることが多いが、目先のところリバウンドが弱い。2月12日に付けた安値が底値になったかはまだ微妙であり、立ち直るにはまだ時間がかかりそうだ」(水戸証券投資情報部長の須田恭通氏)との声が聞かれた。

    東証1部の騰落数は、値上がり1104銘柄に対し、値下がりが697銘柄、変わらずが134銘柄だった。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below