August 13, 2019 / 12:44 AM / 8 days ago

株安・債券高止まらず、円高地合い継続=連休明けの東京市場

 8月13日、連休明けの東京市場では、前日までの海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=105円前半の円高地合いが継続するなかで株安、債券高が進行している。写真は東京の株価ボード前で2018年9月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 連休明けの東京市場では、前日までの海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=105円前半の円高地合いが継続するなかで株安、債券高が進行している。

円は前日の欧州時間で一時105円05銭まで上昇。東京市場でも105円前半での値動きが続いている。株式市場は389ドル下げた前日のNY市場の地合いを引き継ぐかたちで、寄り付き後に日経平均が前営業日比300円超の下げを見せた。

債券市場では先物が一時前営業日比13銭高の154円86銭まで上昇、中心限月としての最高値を更新している。市場では、日銀のイールドカーブ・コントロール下における長期金利許容幅の下限を試しにいくとみられている。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below