March 11, 2015 / 3:00 AM / in 5 years

日経平均は3日ぶり反発、好需給背景に切り返す

[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。欧米株安を嫌気して朝方は売りが先行したが、良好な需給環境が下支えするとの見方から切り返した。前日に先物主導で下げた反動も出たという。建設、不動産、医薬品などが上昇。半面、石油関連株が売られた。

 3月11日、前場の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。欧米株安を嫌気して朝方は売りが先行したが、良好な需給環境が下支えするとの見方から切り返した。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

米早期利上げに対する警戒感から前日のダウ.DJIが300ドルを超す下げとなった流れを引き継ぎ、寄り付きの東京市場も主力銘柄を中心に売りが先行。序盤はトヨタ(7203.T)や三菱UFJ(8306.T)、日立(6501.T)などコア銘柄が軟調に推移した。

ただ下値では日銀や公的年金による買いに加え、個人投資家による押し目買いなどが期待され、指数は売り一巡後にプラス圏に浮上。日経平均は一時111円高となった。日経平均が前日までに直近高値から300円超値下がりしていた反動もあり、先物などへの買い戻しも指摘された。

また週末のメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けて、「プレミアムが付いた形で期先へのロールオーバーが順当に進んでおり、先高観につながっている」(国内証券トレーダー)との指摘もあった。

寄り前に発表された1月機械受注は3カ月ぶりに減少したものの、落ち込みが予測より小幅にとどまったことで「設備投資の底堅さが示された」(国内証券)としてポジティブ視する声も出ていた。

楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジストの窪田真之氏は、日本株の堅調な値動きに対し、「原油安・円安を手掛かりとする国内の景気回復と継続的な金融緩和、公的な買いが下支えする日本株は、世界のアロケーションのなかで相対的に選好されやすい」との見方を示した。

個別銘柄では、日進工具(6157.T)が続伸。10日、2015年3月期の年間配当予想を30円から40円に上方修正し、積極的な利益還元を評価する買いが入った。半面、クラリオン6796.Tが続落。10日に2015年3月期の連結業績予想を下方修正し、嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり996銘柄に対し、値下がりが696銘柄、変わらずが168銘柄だった。

日経平均.N225

前場終値 18757.55 +92.44

寄り付き 18604.87

安値/高値 18583.52─18776.95

東証出来高(万株) 97935

東証売買代金(億円) 11125.74

杉山容俊

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below