March 3, 2016 / 2:54 AM / 2 years ago

前場の日経平均は続伸、コア銘柄が上昇

[東京 3日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比148円53銭高の1万6895円08銭と続伸した。堅調な米経済指標を背景とする米国株の上昇や原油高を受けて市場心理が改善。円高進行が一服したことも支援材料となり、日経平均は一時、前日比で200円を超す上昇となった。

銀行株に海外資金の流入が観測され、三菱UFJ(8306.T)などのメガバンクが6─7%高となり、日本株の先高観につながったという。ホンダ(7267.T)や日立(6501.T)、キヤノン(7751.T)など主力株の上昇が目立ち、TOPIXコア30.TOPXCは前日比1.5%高と日経平均を0.6ポイント、アウトパフォームした。

    もっとも前引けにかけては上値の重さも意識された。「日経平均1万7000円前後は価格帯別出来高が積み上がっており、戻り売り圧力が強い。原油価格が継続的に上昇するシナリオが描きにくいことも上値に慎重となる一因」(内藤証券・投資調査部長の田部井美彦氏)との声が出ていた。

    東証1部の騰落数は値上がり1187銘柄に対し、値下がりが644銘柄、変わらずが110銘柄だった。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below