Reuters logo
今日の株式見通し=反発、米国株高と円高一服で買い先行
2017年2月7日 / 22:47 / 9ヶ月後

今日の株式見通し=反発、米国株高と円高一服で買い先行

[東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が見込まれる。7日の米国株式市場では主要3指数がそろって小幅に上昇した。為替も1ドル112円台前半と円高が一服しており、外部環境は良好だ。だが、買い一巡後は10日の日米首脳会談を前に手控えムードが広がり、こう着感の強い相場となりそうだ。

日経平均の予想レンジは1万8900円─1万9100円。

前日の米国株式市場ではダウ.DJI、ナスダック総合.IXIC、S&P総合500種.SPXはそろって小幅高で取引を終えた。ハイテク株や消費関連銘柄が買われ、ナスダックは過去最高値を更新した。ダウ工業株30種は朝方に取引時間中の過去最高値を付けた。

日経平均先物3月限は、大阪取引所の夜間の終値が1万8910円、シカゴの清算値(円建て)が1万8950円と、前日の現物株の終値とほぼ同水準で着地した。

足元のドル/円JPY=は112円台前半と、きのうの午後3時時点よりもややドル高/円安に振れているため、輸出関連株に買い戻しが先行すると見られる。しかし、日米首脳会談を前に警戒感が高まり、上値を買い進む動きは限定的となりそうだ。

SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏は「米国の2016年の相手国別のモノの貿易収支で対日赤字が2位に浮上したことで、(首脳会談への)警戒感はより高まっている。神経質な値動きとなるだろう」と見ている。

主なスケジュールは12月の国際収支、1月景気ウオッチャー調査が公表される。決算発表はソフトバンク(9984.T)、三井物産(8031.T)、富士重工(7270.T)などが控えている。海外では、米住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会)が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      18910.78 19615.40 14864.01

-65.93 2017年1月5日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物3月限 18950(円建て)

**内容を追加して再送します。

辻茉莉花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below