Reuters logo
今日の株式見通し=底堅い、買い先行後は様子見姿勢も
2016年2月22日 / 22:58 / 2年前

今日の株式見通し=底堅い、買い先行後は様子見姿勢も

[東京 23日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は底堅い展開が見込まれる。前日の米国株高を受けて朝方は買いが先行しそうだが、円相場が横ばい圏で推移していることから上値余地も限られる。取引時間中は手掛かり難で様子見姿勢が広がりやすく、引き続き薄商いの中、為替や中国市場の動向をにらんで上下に振れることが予想される。

日経平均の予想レンジは1万6000円─1万6400円。

前日の米国株市場は、原油価格の大幅反発を好感し主要3指数が上昇した。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は大取終値比90円高の1万6160円。寄り付きは同水準が意識されて買いが先行するとみられる。ただ、円相場は1ドル112円台後半と高止まりの状況であり、先物主導で上値を買い上がるような展開は期待できない。買い一巡後は国内に手掛かり材料も乏しく、方向感は出にくい。

週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えて、様子見姿勢が広がると売買代金も膨らまないが、市場では「投機筋がバリュエーションを無視した売買をしにくくなり、正常化に戻る過程だろう。投機筋が抜けた売買代金の減少はむしろ評価したい」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声も出ている。適正なバリュエーションを探る展開となった場合は、個別の好業績株が見直されることになりそうだ。

主なスケジュールは、2月独IFO景況感指数、1月米中古住宅販売件数、2月米コンファレンスボード消費者信頼感指数などが発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      16111.05 20952.71 14865.77

+143.88 2015年6月24日 2016年2月12日

シカゴ日経平均先物3月限 16160(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below