Reuters logo
今日の株式見通し=小じっかり、手掛かり難のなか個別材料株を物色
October 3, 2016 / 11:06 PM / a year ago

今日の株式見通し=小じっかり、手掛かり難のなか個別材料株を物色

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は小じっかりの展開が見込まれる。前日の米国株は下落したものの、円相場が弱含みで推移し日本株の支援材料になる。取引時間中は手掛かり材料に乏しく、足元のレンジ相場を脱するのは難しい。日本人のノーベル賞受賞が決まったことでバイオ関連などの個別材料株が物色されそうだ。

日経平均の予想レンジは1万6450円─1万6750円。

3日の米国株市場は主要3指数が反落した。9月米ISM製造業景気指数は予想を上回ったものの、ドイツ銀行(DBKGn.DE)やウェルズ・ファーゴ(WFC.N)をめぐる問題がくすぶり金融株安が全体の重しとなった。一方、良好な米経済指標を受けて為替はやや円安方向に傾いている。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は1万6605円、大阪取引所の夜間取引終値は1万6600円だった。寄り付きは同水準を意識して小動きで始まりそうだ。

5日の米9月ISM非製造業景気指数、7日の米9月雇用統計など注目度の高い米経済指標の発表を控え、取引時間中は様子見ムードが広がりやすい。市場では「現状の日経平均は居心地の良い水準。レンジ相場から上下いずれに振れるにしても大きなエネルギーが必要であり、きょうは材料不足だろう」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、今年のノーベル生理学・医学賞を大隅良典・東京工業大栄誉教授に授与すると発表した。細胞内で細胞成分を分解し再利用する仕組みを解明したことが受賞理由。市場ではコスモ・バイオ(3386.T)、医学生物学研究所(4557.T)、アステラス製薬(4503.T)、タカラバイオ(4974.T)などを関連銘柄とみている。

主なスケジュールは9月マネタリーベース(日銀)が発表される。Jフロントリテイリング(3086.T)が3-8月期決算発表を予定している。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

    日経平均.N225      16598.67 18951.12 14864.01

    +148.83 2016年1月4日 2016年6月24日

    シカゴ日経平均先物12月限 16605(円建て)

    *内容を追加して再送します。

    河口浩一

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below