February 1, 2019 / 6:39 AM / 19 days ago

日経平均は小幅続伸、弱い中国経済指標が重し

[東京 1日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅続伸した。朝方は前日の米国株が総じて堅調だった流れを引き継ぎ買い先行。一時は1カ月半ぶりの高値水準となる2万0900円台前半まで上昇したが、高値圏では利益確定売りが上値を抑えた。企業決算もまちまちで指数を押し上げる材料が乏しい中、中国の弱い経済指標が明らかになり、日経平均は急速に上げ幅を縮小した。米雇用統計発表を控えた様子見姿勢が強く、後場は小動きにとどまった。

 2月1日、東京株式市場で日経平均は小幅続伸した。朝方は前日の米国株が総じて堅調だった流れを引き継ぎ買い先行。一時は1カ月半ぶりの高値水準となる2万0900円台前半まで上昇したが、高値圏では利益確定売りが上値を抑えた。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

財新/マークイットが発表した1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は48.3と、節目の50を2カ月連続で下回り、約3年ぶりの低水準となった。新規受注が減少したほか生産も落ち込み、中国経済が減速しているとの懸念が強まった。

TOPIXは0.18%安で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆4860億円だった。セクター別では、精密機器、医薬品、空運、電気機器が値上がり率上位にランクイン。好業績銘柄や悪材料出尽くし感のある銘柄が物色された。半面、その他製品、海運、銀行などが軟調だった。市場では「国内企業の第3・四半期決算は前半のピークを迎えたが、内容は強弱入り混じっている。企業業績の先行きに対する懸念は拭えず、日本株の方向感も出にくくなっている」(カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏)との指摘があった。

東証1部の騰落数は、値上がり793銘柄に対し、値下がりが1268銘柄、変わらずが66銘柄だった。

日経平均.N225

終値      20788.39 +14.90

寄り付き    20797.03

安値/高値   20741.98─20929.63

TOPIX.TOPX

終値       1564.63 -2.86

寄り付き     1565.63

安値/高値    1562.88─1576.02

東証出来高(万株) 141807

東証売買代金(億円) 24860.55

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below