May 17, 2018 / 4:10 AM / 8 days ago

前場の日経平均は3日ぶり反発、米株高・円安が支援

[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比100円65銭高の2万2817円88銭となり、3日ぶりに反発した。前日の米国株高や円安基調の継続を支えに買いが先行した。ただ上昇一服後は膠着感が強まり、指数は狭いレンジ内での動きを続けた。

 5月17日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比100円65銭高の2万2817円88銭となり、3日ぶりに反発した。写真は東京証券取引所で2018年2月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXは0.33%高で午前の取引を終了した。東証1部の前場の売買代金は1兆1199億円。上昇率上位にはガラス・土石、繊維、非鉄金属などがランクイン。下落率トップは倉庫・運輸で、空運、小売がこれに続いた。

日経平均の値幅(高値と安値の差)はここまで43円50銭にとどまっている。 内閣府が発表した3月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.9%減。ロイターの事前予測調査は3.0%減だった。市場予想を下回る結果となり、投資家の慎重姿勢を強めた。

「企業の決算発表では今期が減益となる見通しも目立った。日経平均の予想1株利益が低下し、PER(株価収益率)が上昇したことで、膠着感が強まった」(三井住友アセットマネジメント・シニアストラテジストの市川雅浩氏)との見方も出ている。

東証1部の騰落数は、値上がり1049銘柄に対し、値下がりが932銘柄、変わらずが97銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below