April 11, 2018 / 7:05 AM / 7 months ago

日経平均は3日ぶり反落、朝高後下げに転じ安値引け シリア情勢重荷

[東京 11日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。10日の米国株が米中貿易摩擦の懸念後退で大幅高となったことを背景に、朝方は買いが先行した。ただ日本株には前日に先行して織り込まれた材料でもあり上昇の勢いが鈍く、先物主導で下げに転じた。緊迫化したシリア情勢に対する警戒感が全体相場の重しとなる中、後場に下げ幅を拡大。安値引けとなった。

 4月11日、東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。10日の米国株が米中貿易摩擦の懸念後退で大幅高となったことを背景に、朝方は買いが先行した。ただ日本株には前日に先行して織り込まれた材料でもあり上昇の勢いが鈍く、先物主導で下げに転じた。写真は東京証券取引所で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXは0.38%安で取引を終了。同じく安値引けとなった。セクター別では精密機器が下落率トップ。小売やサービス、食料品など内需セクターが軟調だった。一方、石油関連セクターは大幅高。海運や証券株は買い戻しが優勢となった。

外為市場でドル/円JPY=は107円台を維持。日経平均ボラティリティー指数.JNIVはほぼ横ばいで推移した。手控えムードが広がる中、大引け直前に売り圧力が加わった。「少なくとも足元の為替水準では『(企業が慎重な業績予想を示して株価が下落する)ガイダンス・リスク』を意識せざるを得ない」(丸三証券・投資情報部次長の小松崎直樹氏)との声も聞かれた。

個別銘柄では、米携帯電話3位のTモバイルUS(TMUS.O)が、同4位のスプリント(S.N)買収に向け協議を再開したと伝わったことを受け、スプリントを傘下に持つソフトバンクグループ(9984.T)が一時5%を超す上昇となった。同社1銘柄で日経平均終値を約29円押し上げる要因となった。またコインチェックの完全子会社の発表で連日にぎわいをみせているマネックスグループ(8698.T)が一時ストップ高。東証1部出来高の約15%を同社株の売買高が占めた。

このほか、10日に2018年8月期業績予想の上方修正を発表したビックカメラ(3048.T)が大幅高。ゲーム機やテレビなどの好調を背景に足元の収益が拡大していることを反映させた。半面、19年2月期の営業利益見通しが市場予想を下回ったJ.フロント リテイリング(3086.T)は一時13%安。前期に計上した固定資産売却益がなくなるほか、百貨店関連の投資増が響くという。

東証1部の騰落数は、値上がり728銘柄に対し、値下がりが1278銘柄、変わらずが76銘柄だった。

日経平均.N225

終値      21687.10 -107.22

寄り付き    21819.09

安値/高値   21687.10─21837.36

TOPIX.TOPX

終値       1725.30 -6.64

寄り付き     1735.73

安値/高値    1725.30─1735.73

東証出来高(万株) 153320

東証売買代金(億円) 25586.27

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below