December 19, 2018 / 7:18 AM / a month ago

日経平均は続落、9カ月ぶり安値 ソフトバンクは安値引け

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落となった。オーバーナイトでの先物安を受けて朝方から売りが先行。節目の2万1000円を割り込み、取引時間中としては3月28日以来約9カ月ぶりの安値を付けた。新規上場のソフトバンク(9434.T)が公開価格を割り込み、下値を模索したことも投資家心理を冷やした。

 12月19日、東京株式市場で日経平均は続落となった。オーバーナイトでの先物安を受けて朝方から売りが先行。節目の2万1000円を割り込み、取引時間中としては3月28日以来約9カ月ぶりの安値を付けた。写真は都内で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に手控えムードとなる中、地合いの悪さが意識された。為替が112円前半と約2カ月ぶりの円高水準に振れたことが上値抑制要因となったほか、個人投資家の追証発生懸念に伴う売りも観測された。

TOPIXは0.41%安。セクター別では、上昇率上位に空運、建設、精密機器、機械などがランクイン。半面、鉱業、電気・ガス、石油・石炭製品が軟調だった。「今週は海外投資家からクリスマス休暇前の売りが出やすいが、ここを越えれば需給改善も期待できる」(東海東京調査センターのシニアストラテジスト、中村貴司氏)との声が出ていた。

東証1部の売買代金のうち、ソフトバンクが全体の約13%を占めた。

ソフトバンクは公開価格1500円を2.5%下回る1463円で初値を形成。その後、売り気配となり、一時1344円を付けた。配当利回りの高さやTOPIX銘柄への組み入れによるパッシブ系ファンドの買い需要も見込まれ、前引けにかけて1400円を下回る水準でもみあったが、後場は一段安となり、1282円の安値引けとなった。市場からは「想定を超える弱さを見て個人投資家の投げ売りが出た」(国内証券)との声が出ていた。

そのほか、個別銘柄では、コムチュア(3844.T)が大幅安。18日に発表した第三者割当による行使価格修正条項付新株予約権(MSワラント)の発行の決議で、潜在的な需給悪化リスクなどを懸念した売りが膨らんだ。一方、2019年3月期の連結業績予想を修正し、利益計画を増額修正した。

東証1部の騰落数は、値上がり883銘柄に対し、値下がりが1171銘柄、変わらずが75銘柄だった。

日経平均.N225

終値      20987.92 -127.53

寄り付き    21107.17

安値/高値   20880.73─21168.62

TOPIX.TOPX

終値       1556.15 -6.36

寄り付き     1560.82

安値/高値    1546.99─1564.18

東証出来高(万株) 173903

東証売買代金(億円) 28046.16

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below