December 27, 2019 / 6:59 AM / a month ago

日経平均は反落、年末年始休みを控え様子見ムード

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。米国株高を好感し続伸スタートしたものの、その後はマイナス圏に沈み一進一退。後場に下げ幅を拡大した。商いは連日の2兆円割れだった。

 12月27日、東京株式市場で日経平均は反落した。2018年10月11日、東京で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

26日の米国株式市場は、米中の通商関係を巡る楽観的な見方が支援材料となり、主要3指数は最高値を更新。ナスダックは初めて9000台に乗せた。

日経平均は米国株高を好感し続伸スタートしたものの、年末年始の休暇を控えていることもあり、手掛かり材料に乏しく模様眺めとなる中、マイナス圏で一進一退。後場にはプラス圏に浮上する場面もみられたが、再びマイナス圏に沈み下げ幅を拡大した。きょうは配当権利落ち日であるため、配当落ち分が約40円あると市場で推定されるほか、指数寄与度の大きいファーストリテイリング(9983.T)が売られたことが日経平均を押し下げた。

TOPIXは続伸。東証33業種では、ゴム製品、鉱業、食料品などの9業種が値下がり、海運業、銀行業、電気・ガス業などの24業種が値上がりした。

市場からは「きょうはIPOや小型株の物色が中心。閑散とした商いだが、年末であり仕方がない。為替も動きに乏しく、年明けにかけての外部環境の変化待ち」(国内証券)との声が出ていた。

個別ではパルコ(8251.T)がストップ高比例配分。J.フロント リテイリング(3086.T)が同社に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると26日に発表し、TOB価格を意識した動きとなっている。J.フロントは5.22%高だった。

そのほか、ファーストリテイリング(9983.T)は2.01%安。日経平均を48円ほど押し下げる要因となった。市場からは「来月9日に決算発表を控えているため、きょうのような割安株が物色される相場では警戒感が出やすい」(東海東京調査センター・シニアエクイティマーケットアナリスト、仙石誠氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1479銘柄に対し、値下がりが601銘柄、変わらずが72銘柄 だった。

日経平均.N225

終値      23837.72 -87.20

寄り付き    23953.75

安値/高値   23,837.72─23,967.18

TOPIX.TOPX

終値       1733.18 +1.98

寄り付き     1735.40

安値/高値    1,731.97─1,738.18

東証出来高(万株) 82578

東証売買代金(億円) 14332.8

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below