January 22, 2020 / 7:12 AM / a month ago

日経平均は反発、香港株高で安心感誘い戻り歩調に

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場が下落したことを受けて、続落で始まったものの、前日に大幅安となった香港ハンセン指数が堅調に推移したことが安心感を誘い、日本株も戻り歩調となり、2万4000円を回復。外為市場でドル/円が110円台で落ち着いていることも好感された。

 1月22日、東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場が下落したことを受けて、続落で始まったものの、前日に大幅安となった香港ハンセン指数が堅調に推移したことが安心感を誘い、日本株も戻り歩調となり、2万4000円を回復。写真は東京株式市場で昨年12月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

21日の米国株市場は、米国で新型肺炎の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが重荷となり、主要3指数は下落して取引を終えた。ただ、これは日本株を崩す要因になるまで至らなかったほか、香港、上海両市場が堅調に推移したことで、押し目を買う動きも広がった。

市場では「先物主導で上がっている。特段のニュースはなかったが、昨日大幅安となった香港ハンセン指数が切り返していることも影響している。半導体関連なども買い戻されていて、決算を先取りした買いも目立っている」(証券ジャパン・調査情報部長の大谷正之氏)との声が出ていた。

一方「昨日の後半は、香港株安のヘッドラインに反応したアルゴ取引で、値を崩した格好だが、香港株が戻ったことで、下げた分を帳消しにした」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との指摘もある。

TOPIXは0.53%高で終了。東証1部の売買代金は1兆8868億4800万円と2兆円を割り込む薄商いとなっている。東証33業種は、サービス業、化学工業など23業種が値上がりし、鉱業など10業種が下落した。

個別では、三菱自動車工業(7211.T)が急落。ドイツの検察当局が同社に対し、ディーゼルエンジンに排ガス規制に違反する装置を搭載した疑いで捜査を開始したことが嫌気された。半面、ニイタカ(4465.T)、大幸薬品(4574.T)など新型肺炎関連株が昨日に引き続き物色された。一方、主力の輸出関連株は高安まちまち。

東証1部の騰落数は、値上がりが1286銘柄に対し、値下がりが758銘柄、変わらずが115銘柄だった。

日経平均.N225

終値      24031.35 +166.79

寄り付き    23835.49

安値/高値   23831.10─24040.87

TOPIX.TOPX

終値       1744.13 +9.16

寄り付き     1732.48

安値/高値    1732.26─1744.82

東証出来高(万株) 100180

東証売買代金(億円) 18868.48

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below