June 4, 2020 / 7:05 AM / a month ago

日経平均は4日続伸、円安と米株高を好感 高値後は利食いも

[東京 4日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日続伸した。前日の米国株市場で主要3指数が続伸したことや、外為市場でドル/円が約2カ月ぶりに109円に乗せたことが好感された。短期的な過熱感が強く意識されていたこともあり高値を付けた後は利益確定売りに押され、2万2600円台でのもみあいが続いた。

6月4日、東京株式市場で日経平均は4日続伸した。都内の株価ボード前で3月撮影(2020年 ロイター/Edgard Garrido)

日経平均は営業日比271円38銭高の2万2885円14銭で続伸スタートし、一時2万2907円92銭の高値をつけた。その後は利益確定売りが強まり失速、一時マイナス圏に転落する場面もあった。後場では再びプラス圏に浮上したが上値を試す勢いはなく、2万2600円台でもみあった。

市場では「朝方に2万3000円台を試しにいったが、直近でかなり短期間で上昇していたこともあり、利益確定売りに押されて大幅に下落した。2万3000円台は取引が多く売りも出やすいゾーン。手前までいくと上値は重くなるようだ」(三井住友DSアセットマネジメントのシニアストラテジスト、市川雅浩氏)との声が出ていた。

TOPIXも4日続伸。東証33業種では、パルプ・紙、食料品、精密機器、保険業などの銀行、精密機器などの19業種が値上がり。半面、鉱業、空運業、石油・石炭製品などの14業種は値下がりとなった。

個別では三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)、三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)、みずほフィナンシャルグループ(8411.T)などの銀行株がしっかり。株価全体の底上げが進む中、出遅れ感が強い銀行株も循環物色の一環として買われた。市場では「材料面から買えるセクターではないが、リスクパリティ戦略のファンドなどはそうした銘柄でも時価総額が大きい銘柄は買わざるを得ない」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1032銘柄に対し、値下がりが1026銘柄、変わらずが111銘柄だった。

日経平均.N225

終値      22695.74 +81.98

寄り付き    22885.14

安値/高値   22,501.81─22,907.92

TOPIX.TOPX

終値       1603.82 +4.74

寄り付き     1614.49

安値/高値    1,590.22─1,615.00

東証出来高(万株) 151632

東証売買代金(億円) 26913.35

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below