June 5, 2020 / 6:42 AM / a month ago

日経平均は5日続伸、ほぼ高値引け 終値は約3カ月半ぶり高水準

[東京 2日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は5日続伸。終値は2月21日以来約3カ月半ぶりの高値となった。前場は高値警戒感から利益確定売りが優勢となったが、押し目買いに支えられ下値も限定的だった。後場、先物への買い戻しが主導する形でプラス転換すると、大引けにかけてしっかりした動きとなった。

6月2日、東京株式市場で日経平均は5日続伸。写真は2018年2月、東京証券取引所で撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

日経平均は前営業日比82円66銭安の2万2613円08銭と反落スタート後、前場引けにかけてマイナス圏で推移した。

後場寄り後にプラス圏に浮上すると大引けにかけて上値を伸ばした。来週12日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日に向けて海外投資家による先物買い戻しが出たとの観測があったほか、「米株先物がしっかりとなり、今晩の米雇用統計を無難に通過するのではないかとの思惑が出た」(国内証券)という。

TOPIXも5日続伸。高値引け。東証33業種では空運、鉄鋼、海運などが値上がり率上位にランクイン。精密機器、パルプ・紙、食料品などは値下がりした。市場からは「成長期待銘柄への買いが一服し、鉄鋼や銀行などが出遅れ修正的に買われた」(岩井コスモ証券の投資情報センター長、林卓郎氏)という。

個別では、日本航空(9201.T)は9.74%高、ANAホールディングス(9202.T)が7.06%高で取引を終了。アメリカン航空が7月の便数を大幅に引き上げ、4日の米株市場では空運株が買われたことが波及した。このほかレオパレス21(8848.T)は反発。同社に対し、大株主の村上世彰氏が大規模な増資を引き受けると提案した、と4日のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」が報じ、材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がり1154銘柄に対し、値下がりが943銘柄、変わらずが72銘柄だった。

日経平均.N225

終値      22863.73 +167.99

寄り付き    22613.08

安値/高値   22563.56─22865.88

TOPIX.TOPX

終値       1612.48 +8.66

寄り付き     1599.56

安値/高値    1596.38─1612.48

東証出来高(万株) 139217

東証売買代金(億円) 24542.63

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below