July 8, 2020 / 7:04 AM / a month ago

日経平均続落、米株安と米国の新型コロナ感染者数増加を嫌気

[東京 8日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落した。オーバーナイトの米国株式市場が軟調だったことや、米国で新型コロナウイルス感染者数が急増していることを受け、幅広い銘柄で売りが先行した。日経平均は米株先物に追随する動きとなり、一時はプラス圏に浮上する場面も見られたが、手掛かり材料に欠けるため終始見送りムードが支配した。

 7月8日、東京株式市場で日経平均は続落した。オーバーナイトの米国株式市場が軟調だったことや、米国で新型コロナウイルス感染者数が急増していることを受け、幅広い銘柄で売りが先行した。写真は2018年10月、東京都内で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

7日の米国株式市場は下落。新型コロナの新規感染者数が一段と増加したことを受け、利益確定売りが優勢となった。S&P総合500種.SPXが前日まで今年最長の続伸となっていた反動も出た。

日経平均株価は前日の米国株式市場の流れを引き継ぎ、続落スタート。一時プラス転換し、前営業日比53円高い水準まで上値を伸ばしたが、その後再びマイナス圏に転落した。大引けにかけては下げ幅を拡大し、安値引けとなった。

市場では「米国各州で感染者数が増加していることが嫌気されている。2万3000円を付ける材料に乏しいなか、感染者数の増加もあり、売りが出やすい価格帯である2万2500円まで下落した後、下げのスピードが高まった可能性がある」(運用会社)との声が出ていた。

TOPIXも続落。東証33業種では全業種が値下がり。鉄鋼、その他製品、保険業、銀行業、その他金融業、繊維業などが値下がり率上位となった。

個別では、イオンモール(8905.T)が6.26%安となり大幅続落。7日に発表した2021年2月期第1・四半期(3─5月)の連結業績で、純損益が134億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)となったことが嫌気された。通期連結純損益も40億円の赤字(前期は342億円の黒字)を見込む。赤字転落は上場以来初となる。

東証1部の騰落数は、値上がりが420銘柄に対し、値下がりが1686銘柄、変わらずが65銘柄だった。

日経平均.N225

終値 22438.65 -176.04

寄り付き 22481.61

安値/高値 22438.65─22667.95

TOPIX.TOPX

終値 1557.23 -14.48

寄り付き 1565.26

安値/高値 1557.23─1579.84

東証出来高(万株) 115596

東証売買代金(億円) 21599.15

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below