for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は小幅続伸、米雇用統計控え様子見ムード

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。寄り付きはマイナス圏でのスタートとなったが、その後切り返しプラス転換した。ただ、前日に518円高と急反発した反動や、緊急事態宣言が延長の方向となったことが重しとなり、上値は限定的だった。日本時間の今夜に米雇用統計を控え、後場は様子見ムードが強まり、レンジ内での膠着状態が続いた。

東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。寄り付きはマイナス圏でのスタートとなったが、その後切り返しプラス転換した。写真は東証、2020年10月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

TOPIXも続伸し前営業日比0.29%高。東証1部の売買代金は2兆5446億3300万円。東証33業種では、鉄鋼、海運業、保険業、非鉄金属などの26業種が値上がり。その他製品、精密機器、証券業などの7業種は値下がりとなった。

市場では「緊急事態宣言の延長は一部内需セクターにとってはマイナスではあるものの、それ以上に世界経済の回復期待が強いため、見直し買いが入っている。米国でナスダックが5日ぶりに反発となったことも値がさのハイテク株にとって支えとなっているようだ」(運用会社)との声が聞かれた。

個別では、日本製鉄が後場急伸し連日の年初来高値を更新。立ち会い時間中に発表した2022年3月期(国際会計基準)の連結純損益予想が2400億円の黒字になると発表したことが好感された。前期の324億円の赤字から大きく改善するとともに、黒字幅は市場予想を上回った。 

そのほか、JFEホールディングス、神戸製鋼所、東京製鉄、大和工業などの鉄鋼株も大幅高となった。 

6日に決算を発表した任天堂は続落し1.95%安。2022年3月期の営業利益の見通しが、減益予想となり市場予想を下回ったことが嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり1611銘柄に対し、値下がりが505銘柄、変わらずが75銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29357.82 +26.45 29330.45 29,237.36─29,449.86

TOPIX 1933.05 +5.65 1930.13 1,925.75─1,938.28

東証出来高(万株) 117404.00 東証売買代金(億円) 25446.33

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up