for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は急反発、628円高 米株高を好感

[東京 12日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は急反発した。前週末9日の米国株式市場で主要株価3指数が最高値更新となった流れを引き継ぎ、朝方から景気敏感株を中心に買いが先行。一時、前営業日比654円70銭高の2万8595円12銭で高値を付けた。5月機械受注統計が市場予想を上回ったことや、安川電機が先週末に好決算を発表したことも投資家心理の支えとなった。

 7月12日、東京株式市場で日経平均は急反発した。東京証券取引所で2020年10月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

朝方発表された機械受注では、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比7.8%増の8657億円だった。3カ月連続で増加し、市場予測(2.6%増)も上回った。先週末に好決算を発表した安川電機は一時7%を超える上昇となった。

TOPIXも急反発し前営業日比2.14%高。東証1部の売買代金は2兆3803億0700万円となった。東証33業種では、海運業、空運業を除く31業種が値上がり。機械、金属製品、電気機器、倉庫・運輸関連などが値上がり率上位となった。

欧米での株高が追い風となって地合いはしっかりしているといい、市場では「先週までは米長期金利の低下でグロース優位となっていた相場が反転。景気敏感セクターが活況となっている」(みずほ証券のマーケットストラテジスト、倉持靖彦氏)との声が聞かれた。

個別では、安川電機が6.47%高。前週末9日に2022年2月期の連結営業利益(国際会計基準)見通しを前期比ほぼ倍増の540億円へ上方修正すると発表し、好感された。ファナック、オークマなどの機会株も大幅高となった。

そのほか、ソフトバンクグループ、ファーストリテイリング、東京エレクトロンもしっかり。エーザイ、東海旅客鉄道、川崎汽船はさえなかった。

東証1部の騰落数は、値上がりが2010銘柄、値下がりが149銘柄、変わらずが33銘柄。東証1部の値上がり銘柄は91%と、ほぼ全面高商状となった。 

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 28569.02 +628.60 28412.70 28,405.60─28,595.12

TOPIX 1953.33 +40.95 1943.33 1,942.71─1,955.54

東証出来高(万株) 103577.00 東証売買代金(億円) 23803.07

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up