for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

13日の日経平均は小幅続落、米株高や好決算が支え

[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。前日の米株高を受けて買い優勢で始まったが、週末とあって全体的に見送りムードが強まり前日終値を挟んで一進一退となった。業績見通しの上方修正を発表したリクルートホールディングスが大幅上昇して時価総額で10兆円を超えるなど、好決算銘柄を物色する動きが続いた。

東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。写真は、東証内の株価ボード。2020年10月1日に撮影。(2021年 ロイター/Issei Kato)

12日の米国株式市場では、ダウ工業株30種とS&P総合500種が3日連続で終値ベースの最高値を更新した。ハイテク大手が上昇を主導。米新規失業保険申請件数の3週連続での改善も好感された。

東京市場で日経平均は、上昇力は弱いものの底堅く、前日終値を挟んだ小動きが続いた。週末で新規ポジションが取りにくく積極的に上値を追う動きにはならなかったが、企業決算が好調な上、米株も堅調な中で売りポジションにもなりづらく、マイナスに転落しも切り返すなど底堅さも意識された。

市場では「好決算の物色がみられたが買い進む材料に乏しく、上昇力は弱い。米株がしっかりしており日本株も底堅いが、8月は力強さを欠く相場が続きそうだ」(三木証券の北澤淳商品部投資情報グループ次長)との声が聞かれた。

TOPIXは0.15%高で取引を終了した。東証1部の売買代金は2兆3208億3600万円。東証33業種では、下落したのは石油・石炭製品、空運業、陸運業など18業種で、上昇したのは鉄鋼、サービス業、情報・通信業など15業種だった。

業績予想を上方修正したリクルートホールディングスが急上昇し東証1部の売買代金ランキングで第1位。JFEホールディングスも買われた。トヨタ自動車やソニーグループなどの主力銘柄もしっかりだった。一方、ファナックや東芝などは軟調で、東京エレクトロンなど半導体関連株もさえなかった。

外食や百貨店、旅行・レジャー関連、空運、陸運などのリオープン(経済再開)銘柄も軟調さが目立った。このところ戻り歩調だったが、新型コロナウイルスの国内感染者数の拡大傾向が続く中で「行動制限の一段の強化や、消費者の自粛の強まりへの警戒感もあるようだ」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1042銘柄に対し、値下がりが1031銘柄、変わらずが115銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 27977.15 -37.87 28038.96 27,949.33─28,070.00

TOPIX 1956.39 +2.84 1955.83 1,953.44─1,960.41

東証出来高(万株) 99210.00 東証売買代金(億円) 23208.36

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up