for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は大幅続落、米株安受け全面安 いいところなく下値模索に

9月26日 東京株式市場で日経平均は大幅続落。2020年10月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続落。前営業日比722円28銭安の2万6431円55銭で大引けた。前週末の米国株式市場の下げを嫌気して売り優勢となり、全面安商状。まったくいいところがなく、下値を模索する動きとなって、日経平均は7月19日以来の終値での2万7000円割れとなり、テクニカル的には底抜けと印象付ける動きとなった。

23日の米国株式市場は大幅安。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な金利政策が米経済を後退させるとの懸念が強く、その流れが連休明けの東京株式市場にも波及する格好となった。

需給面では上半期末の接近から、配当取りに絡んだ買いが期待されているものの、それをきっかけに下げ止まる気配は感じられない。市場では「世界的に下げ相場が一段と顕著になってきたのは、グローバル景気のハードランディングを読み始めたため」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれるなど、需給の好材料をかき消すほど、世界的な景気悪化に対する懸念が大きいようだ。

当面のポイントとしては、環境面でも円安による企業業績向上、原油価格低下、インバウンド再開などの期待材料があることで「世界の中で日本株が比較優位に立てるかどうかが注目される」(野村証券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)といった指摘が複数の関係者から聞かれた。

TOPIXは2.71%安。東証プライム市場の売買代金は3兆3420億1000万円だった。東証33業種は全業種が値下がり。個別では、ソニーグループ、東京エレクトロンなどが連日の年初来安値更新となったほか、三菱UFJフィナンシャル・グループなどの銀行株もさえない動き。半面、NTTが逆行高となった。

プライム市場の騰落数は、値上がり124銘柄(6%)に対し、値下がりが1687銘柄(91%)、変わらずが26銘柄(1%)だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up