for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は反落、半導体関連株など軟調 後場は下げ幅縮小

[東京 20日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、前営業日比250円42銭安の2万7006円96銭と、反落して取引を終えた。前日の米株安を嫌気し、日経平均は軟調な展開となった。米長期金利が高水準で推移する中、半導体関連株やグロース(成長)株の売りが目立った。ただ、後場に入り、中国が入国者の隔離期間短縮を検討しているとの報道が伝わると、徐々に下げ幅は縮まった。

 10月20日、東京株式市場で日経平均は、前営業日比250円42銭安の2万7006円96銭と、反落して取引を終えた。写真は東京証券取引所のロゴ。都内で2013年12月撮影(2022年 ロイター/Yuya Shino)

前日の米株市場では、主要3指数がそろって下落した。米10年債利回りが14年ぶりの高水準を付けたことから、グロース株の売りが加速した。

また、米半導体製造装置のラム・リサーチは19日の決算会見で、米政府が今月発表した最先端半導体の製造装置の対中輸出を巡る事前許可制によって、来年の売上高に20億─25億ドルの影響が出るとの見通しを示し、半導体関連株売りを誘った。

日経平均は一時、380円超安まで下落したが、後場終盤にかけては下げ幅を縮小した。中国当局が新型コロナウイルス防疫対策として定める入国者の隔離期間を10日間から7日間に短縮することを討議していると、ブルームバーグ・ニュースが事情に詳しい筋の話として伝え、好感された。

これを受け、ANAホールディングス、日本航空がプラス転換したほか、J.フロント リテイリングなど百貨店株が堅調に推移した。

市場関係者からは、国内でも決算発表が本格化するのを前に「日経平均は横ばい圏の値動きが続きそうだ」(GCIアセットマネジメントのポートフォリオマネージャー・池田隆政氏)といい、2万6000―2万7000円程度での推移が続くとの見方が聞かれた。

足元ではドル/円相場が150円目前にもみ合う展開となっているが、輸出株の反応は限定的で、「マーケット参加者の介入への警戒感は強く、今は円安だから輸出株を買おうという動きにはならない」(池田氏)との指摘があった。

米10年債利回りは4.1%台と高止まりしており、「しばらくはグロース株が弱含み、内需のバリュー株が底堅い展開となりそうだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。

TOPIXは0.51%安の1895.41ポイントで取引を終了。東証プライム市場指数は前営業日比0.51%安の975.29ポイントだった。東証プライム市場の売買代金は2兆5453億1700万円だった。東証33業種では、鉱業、空運業、銀行業など7業種が値上がりした。一方、精密機器、ガラス・土石製品、海運業など26業種は値下がりした。

個別では、値がさのファーストリテイリング、東京エレクトロンが軟調に推移した一方、ソフトバンクグループはしっかりだった。

プライム市場の騰落数は、値上がり497銘柄(27%)に対し、値下がりが1250銘柄(68%)、変わらずが90銘柄(4%)だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 27006.96 -250.42 26981.75 26,872.45─

27,092.55

TOPIX 1895.41 -9.65 1890.05 1,886.96─1

,899.25

プライム指数 975.29 -5.00 972.91 970.94─977

.16

スタンダード指数 982.93 -0.96 981.36 980.71─986

.99

グロース指数 925.24 -6.57 923.67 921.89─928

.14

東証出来高(万株) 104453 東証売買代金(億円 25453.17

)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up