February 23, 2018 / 6:58 AM / 10 months ago

日経平均は反発、米金利上昇一服で買い戻し 出来高は今年最低

[東京 23日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。米金利の上昇一服を受け前日の米ダウ.DJIが上昇。VIX指数.VIXが低下したことで投資家心理が改善し、序盤は小高く始まった。東京市場の取引時間中は幾分、為替はドル高・円安に振れたことも支えとなり、後場に一時166円高まで上げ幅を拡大したが、商いは低調。東証1部の出来高は12億株を下回り、今年最低となった。

 2月23日、東京株式市場で日経平均は反発した。米金利の上昇一服を受け前日の米ダウが上昇。VIX指数が低下したことで投資家心理が改善し、序盤は小高く始まった。写真は都内で昨年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXも反発。東証33業種中、値下がりしたのは小売りと精密機器の2業種のみ。石油関連の上昇が目立ったほか。建設、電気・ガス、鉄鋼などが堅調だった。東証REIT.TREITは1.3%高。終値は2月5日以来の高値水準を付けた。

東証1部の売買代金は2兆2514億円と今年2番目の低さだった。「米金利高が一服したが、休日前で積極的な売買は手控えられた。売り圧力がなく、底堅い動きとなったものの、米金利の動向はまだ警戒感が必要なところ」(松井証券・シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏)との声が出ていた。

個別銘柄ではPCIホールディングス(3918.T)が反発。自社株買いの実施を22日に発表し、材料視された。半面、宇部興産(4208.T)が後場急落。同社社長が23日午後4時に東京都内で品質検査について記者会見すると伝わり、業績への影響を懸念した売りが出た。

東証1部の騰落数は、値上がり1562銘柄に対し、値下がりが455銘柄、変わらずが50銘柄だった。

日経平均.N225

終値      21892.78 +156.34

寄り付き    21789.72

安値/高値   21741.63─21903.39

TOPIX.TOPX

終値       1760.53 +14.36

寄り付き     1749.75

安値/高値    1747.51─1761.02

東証出来高(万株) 119800

東証売買代金(億円) 22514.09

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below