August 27, 2018 / 6:23 AM / 24 days ago

日経平均は5日続伸、2カ月ぶり高値 米株高を好感

[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は5日続伸。上げ幅は一時200円を超えた。終値は6月15日以来、2カ月ぶりの高値水準を付けた。前週末の米国市場でS&P総合500種が過去最高値を更新したことを受け、東京市場でもリスク選好ムードが広がった。上海株の上昇も追い風となった。

 8月27日、東京株式市場で日経平均は5日続伸。上げ幅は一時200円を超えた。終値は6月15日以来、2カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内で2014年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

ただ東証1部売買代金は7営業日連続で2兆円を下回った。薄商いの中、短期筋による先物買いが裁定買いを誘発し、現物指数を押し上げた。

TOPIXは続伸。上昇率は1%を超えた。セクター別では空運、海運、鉱業を除く30業種が上昇。非鉄金属、石油・石炭、電気機器の上げが目立った。

TOPIXコア30は構成銘柄の9割が値上がりし、村田製作所(6981.T)、ソニー(6758.T)などハイテク関連や、キーエンス(6861.T)やファナック(6954.T)といったFA(工場の自動化)関連銘柄が堅調だった。自動車株も買い戻しが優勢となった。

中小型、新興株の見直し買いも顕著で、東証マザーズ指数は3%近い上昇となった。為替は日中、ややドル安/円高に振れたものの、日本株は後場に上げ幅を拡大する展開だった。ジャクソンホール会議でのパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を通過し、米国の利上げ加速への懸念が後退。流動性相場が継続するとの期待が膨らむ中、アジア株の上昇も日本株の底上げにつながった。

三木証券投資情報部課長の北澤淳氏は「貿易摩擦の懸念が残っているとはいえ、今週は大きなイベントがなく買いやすい面もある。2万3000円を意識して上昇した格好となっているが、通商面での不透明感が後退しない限り、上抜けはなかなか難しいだろう」と話す。

個別銘柄では北川鉄工所(6317.T)が大幅高。同社は24日、2019年3月期の年間配当予想を70円から90円に上方修正した。これまでは期末配当のみだったが、中間配当と期末配当の年2回実施となる。前向きな株主還元策を好感する買いが入った。

半面、琉球銀行(8399.T)が急落。24日に公募増資を発表しており、1株利益の希薄化と需給悪化を懸念した売りが出た。発行済株式総数は最大で11.9%増加する計画。最大で約65億円(手取概算)を調達し、全額を貸出金に充当する。

東証1部の騰落数は、値上がり1767銘柄に対し、値下がりが273銘柄、変わらずが65銘柄だった。

日経平均.N225

終値      22799.64 +197.87

寄り付き    22693.69

安値/高値   22682.39─22838.06

TOPIX.TOPX

終値       1728.95 +19.75

寄り付き     1716.80

安値/高値    1715.24─1731.62

東証出来高(万株) 104583

東証売買代金(億円) 18434.24

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below