March 19, 2019 / 7:18 AM / a month ago

日経平均は反落、利益確定売り先行 FOMC控えた様子見も

[東京 19日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。外部環境面で大きな変化がない中、連騰の反動で利益確定売りが先行した。国内勢から期末のポジション調整売りなども出て下げ幅は一時150円を超えたが、上海株がしっかりで始まると下げ渋り、小幅ながらプラス圏に浮上する場面もあった。ただ、その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見姿勢が強まった。午後は小幅安の水準でもみあった。

 3月19日、東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。外部環境面で大きな変化がない中、連騰の反動で利益確定売りが先行した。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

投資家の不安心理を示すとされる日経ボラティリティー指数は15ポイント台で、昨年9月5日以来6カ月超ぶりの低水準となっている。市場からは「現値は2万1000─2万2000円のレンジのちょうど真ん中あたりで居心地がいい。このままFOMCの結果を見極めたいという向きも多い」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも反落。東証33業種では、小売、電気・ガス、その他製品などが売られた半面、保険、その他金融、パルプ・紙などが買われた。銀行株も堅調で、金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N)とシティグループ(C.N)が、ドイツ銀行(DBKGn.DE)とコメルツ銀行(CBKG.DE)の合併協議を支援していると伝わり、前日の米国株市場で上昇したことなどが追い風となった。

市場からは「米国株、欧州株、新興国・アジア株は去年の高値水準まで戻している。海外のマーケットがしっかりして日本株の支えとなっているが、海外で利益確定が先行すると、日本に目立った買い材料がないだけに下押し圧力は強まる」(みずほ証券の投資情報部部長、倉持靖彦氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、ジャパンディスプレイ(6740.T)が反発。株主の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが、株式保有目的を従来の「純投資」から「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案を行うこと」に変更したことが材料視されている。エフィッシモが18日、関東財務局に提出した報告書で分かった。経営がてこ入れされ、業績が上向くとの思惑から買いが入った。

一方、ツルハホールディングス(3391.T)は大幅反落し、一時3年1カ月ぶり安値をつけた。18日発表した2018年5月─19年2月期の連結当期利益が前年同期比2.3%減になったことが嫌気された。競合他社の出店や価格競争の激化が影響しているという。

東証1部の騰落数は、値上がり597銘柄に対し、値下がりが1464銘柄、変わらずが74銘柄だった。

日経平均.N225

終値      21566.85 -17.65

寄り付き    21558.43

安値/高値   21425.79─21585.55

TOPIX.TOPX

終値       1610.23 -3.45

寄り付き     1612.36

安値/高値    1601.73─1612.36

東証出来高(万株) 110401

東証売買代金(億円) 18954.98

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below