April 23, 2019 / 6:52 AM / 3 months ago

日経平均は3日続伸、内需株堅調 売買代金は連日2兆円割れ

[東京 23日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続伸した。外部環境に手掛かり材料が乏しい中、利益確定売りに押され下げ幅を拡大する場面があったが、内需系銘柄などへの押し目買いで持ち直す展開となった。受け渡しベースで平成最後の取引となったが、商いは低調。国内企業決算を見極めたいとのムードが強まったほか、10連休も接近し、新規にポジションを構築する動きは限られた。

 4月23日、東京株式市場で日経平均は3日続伸した。写真は都内の株価ボードで2014年4月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

TOPIXは前日比0.27%高で取引を終了。日経平均への寄与度の高いファーストリテイリング(9983.T)が一時3.5%安となったが、大引けにかけて持ち直した。同社1銘柄で日経平均を約44円押し下げる要因となった。

東証1部の売買代金は連日で2兆円を下回った。引け後に日本電産(6594.T)の決算発表が予定されていることも見送り要因となった。

原油価格が上昇する中、石油関連セクターが堅調に推移。内需系セクターの一角も上昇した。半面、直近で好パフォーマンスだった機械、半導体関連が売られたほか、パルプ・紙など原油高デメリットセクターがさえない。

市場では「昨年度の下期が企業業績面で底になり、4─6月期以降は持ち直していくという確信を投資家側は持ちたい。ただ中国景気は政策効果で押し上げられたとしても、一時的なものとして終息する可能性もある。政策効果の先を市場は見据えつつある」(岡三証券・日本株式戦略グループ長の小川佳紀氏)との見方が出ていた。

個別銘柄ではかんぽ生命保険(7181.T)がしっかり。この日が売り出し株の受け渡し期日だった。株式需給の改善期待が広がったようだ。半面、昭和電工(4004.T)や東海カーボン (5301.T)など黒鉛電極関連株が軒並み安となった。

東証1部の騰落数は、値上がり1234銘柄に対し、値下がりが779銘柄、変わらずが127銘柄だった。

日経平均.N225

終値      22259.74 +41.84

寄り付き    22241.74

安値/高値   22119.94─22268.37

TOPIX.TOPX

終値       1622.97 +4.35

寄り付き     1620.72

安値/高値    1616.14─1624.76

東証出来高(万株) 99523

東証売買代金(億円) 19461.65

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below