for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均は急反発で873円高 今年最大の上げ幅

[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は急反発。前日の米国株式の大幅上昇を好感したほか、急激な下げを受けた買い戻しの動きも活発化、東証1部の値上がり銘柄数が2100を超す全面高となった。大引けは前日比873円20銭高と今年に入ってから最大の値上がり幅を記録した。

6月22日、東京株式市場で日経平均は急反発。前日の米国株式の大幅上昇を好感したほか、急激な下げを受けた買い戻しの動きも活発化、東証1部の値上がり銘柄数が2100を超す全面高となった。写真は都内の株価ボード。2015年12月撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)

21日の米国株式市場は、米経済が新型コロナウイルス禍から回復する中で、エネルギー株などに買いが入り、ダウ工業株30種は約1.7%上昇して引けた。投資家の心理状態を示すVIX指数は、前日比2.81ポイント安の17.89と急落。目安となる20ポイントを下回り、マーケットが落ち着いたことを示唆した。

それを受けて日本株は全面高商状となり、日経平均採用225銘柄は全銘柄が上昇。市場では「前日の急落は売られ過ぎとの印象が強かっため、買い戻しが活発化した」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)といった声が聞かれ、前週末の終値近くまで戻した。

ただ、FRB議長の議会証言を控え、次第に様子見ムードが広がり、後半は高値圏でもみあった。

市場では「前日に日銀が4月21日以来となる701億円のETF購入を行ったことも一定の安心感を与えた」(野村証券・ストラテジスト・澤田麻希氏)との指摘もある。

TOPIXは3.16%高で、東証1部の売買代金は2兆7728億8200万円。東証33業種は海運業が10%を超す上昇となったのをはじめ、全業種が上昇した。個別では、トヨタ自動車など主力株が総じてしっかり。指数寄与度が大きいファーストリテイリングも急反発した。

東証1部の騰落数は、値上がり2107銘柄に対し、値下がりが69銘柄、変わらずが17銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 28884.13 +873.20 28513.07 28494.46

─28895.26

TOPIX 1959.53 +60.08 1932.73 1930.99

─1959.84

東証出来高(万株) 117325 東証売買代金(億円) 27728.82

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up