March 1, 2018 / 6:30 AM / 8 months ago

東京株式市場・大引け=大幅続落、米株安を嫌気 日経平均は一時400円超安

    [東京 1日 ロイター] - 
 日経平均                                          
 終値                21724.47                 -343.77
 寄り付き              21901.13                 
 安値/高値             21645.22─21901.13       
                                                                     
 TOPIX                                        
 終値               1740.2                   -28.04
 寄り付き             1754.43                  
 安値/高値            1735.56─1754.53         
                                                                     
 東証出来高(万株)         151848                   
 東証売買代金(億円)       27893                    
 
    東京株式市場で日経平均は大幅続落した。前日の米株市場でダウが大幅安となったこ
とで幅広く売りが先行した。米金融政策に対する思惑などで高ボラティリティーが継続す
るとの警戒感も相場の重しとなった。1月米PCEコア ・デフレータ、2月ISM製造
業景況指数といった米国指標の発表を控えて様子見ムードが広がる中、後場に下げ幅が一
時400円超に拡大した。期待された21カ月連続の月初高とはならなかった。
    
    TOPIXは1.59%安だった。東証1部の売買代金は2兆7893億円。 セク
ター別では、空運を除く32業種が下落。鉱業が下落率トップで、機械、倉庫・運輸、金
属製品、化学などが続いた。午前中に発表された中国2月製造業PMI(財新)は懸念さ
れたほど悪くなかったものの、中国の景況感に対する懸念は拭えず、素材系セクターの下
げが目立った。市場では「20―21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ決
定後の金融市場への影響を見極めるまでポジションは取りにくい。年度末特有の需給悪も
懸念される。当面は不安定な値動きだろう」(日本アジア証券エクイティストラテジスト
の清水三津雄氏)との声が出ていた。
    
    個別銘柄では、川崎重工業が大幅安となった。N700系新幹線の台車枠に
亀裂が発生した問題で、強度部材となる鋼材の板厚が基準の厚さに満たない台車がJR西
日本で100台、JR東海で46台発覚。企業としての信頼性低下が嫌気された
ほか、今後の受注活動への影響を懸念した売りが優勢となった。半面、JALは
しっかり。同社が28日に発表した自社株買いと中期経営計画を材料視した。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり281銘柄に対し、値下がりが1746銘柄、変わら
ずが42銘柄だった。

    
 (    
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below