June 6, 2018 / 3:04 AM / 15 days ago

前場の日経平均は3日続伸、米ハイテク株高や円安基調が支え

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比51円57銭高の2万2591円11銭となり、3日続伸した。日米首脳会談や主要7カ国(G7)首脳会議、米朝首脳会談などの重要イベントを控えて様子見姿勢が強まる中、朝方は利益確定売りが先行したものの、米ハイテク株高や円安基調が支えとなりプラスに転じた。8日のメジャーSQ(特別清算指数)算出を控えた思惑も交錯。ファーストリテ(9983.T)など指数寄与度の高い銘柄の一部に買いが入り、前引けにかけて強含んだ。

 6月6日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比51円57銭高の2万2591円11銭となり、3日続伸した。写真は都内で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

TOPIXは前日比0.15%高で午前の取引を終えた。東証1部の前場の売買代金は1兆0944億円だった。セクター別ではパルプ・紙、非鉄金属が高く、石油・石炭、ゴム製品もしっかり。半面、機械、その他製品、水産・農林の下げが目立った。市場では「米国株高に見合った海外からの資金流入はあるが、外国人投資家は日本の政局を見極めようとしている。安倍首相の自民党総裁三選が視野に入れば、本腰を入れた日本株買いも期待できる」(アスリンク・チーフストラテジストの中島肇氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1029銘柄に対し、値下がりが970銘柄、変わらずが84銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below