Reuters logo
寄り付きの日経平均は続落、2万2000円割れ 米株安・円高を嫌気
2017年11月16日 / 00:39 / 1ヶ月前

寄り付きの日経平均は続落、2万2000円割れ 米株安・円高を嫌気

[東京 16日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円09銭安の2万1975円23銭となり、続落で始まった。前日の米国株安やドル安/円高の進行を嫌気した売りが先行。節目の2万2000円を割り込んだ。

 11月16日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円09銭安の2万1975円23銭となり、続落で始まった。都内で2013年撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

取引時間中としては10月31日以来の安値水準を付けたものの、押し目買いが入りプラス転換。足元では2万2000円台を回復している。

TOPIXも続落し、10月20日以来の安値水準で推移。セクター別では不動産、空運が上昇。石油関連や非鉄金属が売られている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below