June 27, 2018 / 12:22 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は小反落、6月配当落ちの影響も 石油関連高い

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前営業日比21円12銭安の2万2320円88銭となり、小反落で始まった。その後プラスに転じ、足元では前日終値近辺で一進一退の動きとなっている。きょうは6月の配当権利落ち日で、日経平均に対し30円程度の押し下げ要因が加わるとみられている。これを考慮すれば、小じっかりの展開となっている。原油相場の上昇を受け、石油関連株が堅調に推移。ソニー(6758.T)が1%を超す上昇となっている。トヨタ(7203.T)は上昇スタートとなったが、買いが続かず軟化した。

 6月27日、寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前営業日比21円12銭安の2万2320円88銭となり、小反落で始まった。写真は都内の株価ボード前の通行人。2014年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below