July 2, 2018 / 12:29 AM / 5 months ago

寄り付きの日経平均は反落、米通商政策への警戒続く

 7月2日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比70円71銭安の2万2233円80銭となり、反落して始まった。写真は都内の株価ボードの前で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比70円71銭安の2万2233円80銭となり、反落して始まった。ドル/円は110円後半と円安基調で推移しているものの、米国の保護主義的な通商政策への警戒感が根強く、手じまい売りが優勢となっている。日銀が寄り付き前に発表した6月日銀短観では、大企業製造業・業況判断DIが+21となり2四半期連続で悪化したが、先行きは予想ほど悪化しておらず、市場のネガティブ材料にはなっていない。業種別では機械、精密がしっかり。ゴム製品はさえない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below